2014.10.3

「見込み客を引き寄せる」コンテンツマーケティング

content-marketing2

 

日はホームページに見込み客を引き寄せる方法として話題の
「コンテンツマーケティング」について、
みなさんも明日から取り組めるような方法をご紹介します。

 

まず、コンテンツマーケティングという言葉を初めて聞いたという方のために
「コンテンツマーケティングとはなんぞや?」について簡単にご説明します。

 

コンテンツマーケティングは、
サービスを提供する事業者が、DMやチラシなどの一方的にメッセージを送りつける
”プッシュ型”の集客手法に対して、
見込み客に対して有益な情報をサイト内で提供することで
見込み客をサイトに引き寄せ、購入や問い合わせなどのアクションを取ってもらう
”プル型”の集客手法です。

 

この定義に関してはいろんなところで情報を収集できますので、
今は何となく理解して頂ければ大丈夫です。

 

それでは具体的なコンテンツマーケティングの始め方を紹介していきます。

5ステップで始めるコンテンツマーケティング

 

 

①目標設定

 

コンテンツマーケティングを行う目的を明確にしましょう。
ゴールとして、サイトから商品を購入してほしいのか、問い合わせがほしいのか?
それともアクセス数のアップなのか?
そして、それに伴って情報の発信頻度はどのくらいなのか?
どのくらい続けるのか?どのような体制で取り組むのか?

 

ここがしっかり固まっていないと、発信する情報にブレが発生し、

結局長く続かずに効果も現れないという結果になってしまいます。

 

 

②ターゲット設定

自分のサイトに、どんな人が来てほしいのか考えましょう。
そして、その人が抱えている悩みや欲求は何なのかを深堀します。

 

もし想像できない場合は既存のお客さんに聞いちゃいましょう!

「自分たちの商品・サービスをなぜ選んでくれたのか?
商品・サービスを購入したことで何が解決できて、何が達成されたのか?」

 

 

③コンテンツ設計・作成

ステップ②で明確になったターゲットに対して、
興味のあるであろう情報は何なのかを考えます。

 

決して自分が伝えたい独りよがりの情報発信になってはいけません。
・ターゲットの興味関心のあるテーマ
・自分が伝えたい内容
・自分が継続的に情報発信できるテーマ
で、コンテンツを作成してください。

 

 

④継続的な情報発信

これが一番難しいです。
コンテンツマーケティングは、短期で目に見えて効果が現れることはありません。
コンテンツマーケティングは情報発信によって信頼関係を構築することですので、
中長期的な視点で根気よく続けなければ効果は現れません。

 

そのため、あらかじめ
「誰が」
「いつまでに」
「どれくらいの頻度で」
「どんな内容のものを作成するのか」
を明確に決める必要があります。

 

 

⑤情報拡散

出来あがったコンテンツは、
ただ待っているだけではユーザーが集まるまでに相当時間がかかります。

 

なので「どうやって見てもらうか」を考えましょう。
例えば、
SEO対策を実施して検索で見つけてもらう。
SNSでコンテンツをシェアしてもらう。
メルマガなどで告知をする。
などなど。

 

ここまで出来たら、今度はアクセス解析やアンケートなどを取って、
効果測定をし、適切なPDCAサイクルを回していきましょう。

 

これであなたもコンテンツマーケティングに取り組めますね。


集客できるようになるためのチェックリスト30

お電話でのお問い合せは平日10時~18時

050-3716-2424

メールでのお問合せは24時間365日受付中

お問合わせ・お見積り