2014.9.1

ウェブ戦略を俯瞰的に眺めてみよう

c6660db5da652ac03172ff0e5e06b90b_s

 

ウェブ戦略を考える際、会社の中での役割やポジション、専門分野などにもよりますが、
どうしても自社のことになると視野が狭くなってしまい、全体的な戦略が見えなくなることが多いようです。
私自身もすごくあてはまります。。。

 

  • 短期のキャンペーンを実施しているが、中長期的な目標が定まっていない。
  • SNSやCRMによって獲得した見込み客を、各部門・スタッフで共有できていない。
  • ウェブサイトをリニューアルしてみたけど何の変化もない。

 

もし、上記のようなことに心当たりがあるのなら、ウェブ戦略が俯瞰的に捉えられていない可能性があります。

 

そんなときには、まず2つの軸でウェブ戦略を考えるといいでしょう。

 

【一つ目の軸】

ユーザーとの関係構築なのか、ユーザーに商品を購入してもらうことなのかの目的軸

 

【二つ目の軸】

結果を出すまでの期間が短期なのか、それとも中長期なのかの時間軸

 

具体的なキャンペーンや施策の多くは、目的軸がユーザーに利用・購入してもらうこと、かつ時間軸が中長期。

もしくは、目的軸がユーザーとの関係構築、かつ時間軸が中長期になることがおおいのですが、

この2択ではなく、広がりを持った「面」で捉える視点を持つことによって施策の打ち手が広がります。

 

birdeye

 

そうすることで、短期で集めたユーザーを中長期的な観点で優良な見込み客に育成し、

商品・サービスの購入につなげる方法が見つけやすくなります。

 

組織が大きくなると、キャンペーンを実行する部署とウェブ担当の部署が分かれていて、

ユーザー情報を共有することが難しくなることが多いです。

それ以前にウェブ担当者と営業部門などに軋轢があったりします。

 

しかし、ユーザー情報を共有し、中長期的な目標を立てるためには、広い視野と時間軸で考える必要があります。

簡単なことではありませんが、すべてを俯瞰的に見ながら戦略を考え、それが実現できれば、売上につながっていくでしょう。


集客できるようになるためのチェックリスト30

お電話でのお問い合せは平日10時~18時

050-3716-2424

メールでのお問合せは24時間365日受付中

お問合わせ・お見積り