2014.9.25

【実例紹介】流行のコンテンツマーケティング

king

そもそもコンテンツマーケティングってなに???

専門的な説明はいろいろなサイトで説明されているので、今回は端的に説明します。

コンテンツマーケティングとは、

サービスを提供する事業者が、一方的にチラシやDMなどを送りつけるプッシュ型の集客手法に対して、

消費者、見込み客に対して有益で説得力のあるコンテンツ(情報)を提供することで、

消費者・見込み客を引き寄せ、問い合わせや商品購入などの行動をとってもらうプル型の集客手法です。

 

この辺はなんとなく理解して頂ければ大丈夫です。

 

コンテンツマーケティングのメリットは???

コンテンツマーケティングのメリットは私の思いつくところだと以下の三つがあげられます。

 

①導入コストが安い

必要なのは良質なコンテンツ(情報)と、それを発信する場所だけ。

なので、既に自社サイトやブログをやってる方は、そこで情報発信を行っていけばいいので追加コストはかかりません。

 

②一度作ったコンテンツは資産として蓄積される

広告のように予算や期間の制限が無く、ウェブ上に蓄積されていくので、

そのコンテンツがユーザーに有益なものであれば、中長期的にサイトへのアクセスを呼び込みます。

そして、その積み重ねがサイトそのものの評価とあなたの会社への信頼度をを引き上げるのです。

 

ちなみに、私にとってコンテンツを作りこむということは、普段感覚的にこなしている仕事を他の人にもわかるように言語化し、体系化することで、自社のメソッドとして蓄積することが出来るというメリットもあります。

 

③顧客になる可能性の高い見込み客にアプローチしやすい

事業者側から売り込みをかけるのではなく、ユーザーが自ら必要な情報を探しに来てくれるので、集客効率が高いです。

また、そもそも商品やサービスに興味がないユーザーには、コンテンツが届かない(情報収集しない)ので、顧客になる可能性の高い見込み客へアプローチしやすくなります。

 

 

コンテンツマーケティングは魅力がいっぱいだぁ!

 

とはいえ、継続してユーザーに有益な情報を発信していくのは結構骨の折れる作業です。

独りよがりの情報発信ではなく、ユーザーがどのような情報を望んでいるのかを把握しなければなりませんし、

ユーザーに忘れられないよう、高い頻度で(理想をいえば毎日)コンテンツを発信し続ける必要があります。

 

そして、それだけ頑張ってもすぐには効果が見えません。

広告であればすぐにユーザーの反応が見えますが、コンテンツマーケティングはユーザーとの信頼関係の構築を必要とするという性質上、効果が出るまでにどうしても一定の期間が必要です。

そのため、コンテンツマーケティングを始めてみたものの、効果が表れないので1カ月や2カ月であきらめてしまうという方も多いようです。

 

そう、コンテンツマーケティングに必要なのは担当者の忍耐です!

 

実例紹介 とある和菓子店のコンテンツマーケティング

私のクライアントさんである和菓子店さんのホームページでコンテンツマーケティングを行いましたのでご紹介。

元々サイトリニューアルがきっかけで一年以上のお付き合いになります。

 

本来コンテンツマーケティングを行う際には、ユーザー象を定めるペルソナを設定したり、

ユーザーの動きを予想して設計するユーザーシナリオなどに基づいて考えるのですが、今回は皆さんがすぐに取り組めるように簡単な方法をご紹介します。

 

今回まず始めに行ったことは、ユーザーが「和菓子」に対してどのような興味関心を持っているか知るために、

GoogleAdWordsのキーワードプランナーを使用して、「和菓子」というキーワードがどのように複合検索されているか調べました。

 

adwords

 

で、どんなキーワードでコンテンツを作るか考えるわけですが、

まず注目すべきなのは「月間平均検索ボリュームが多い」ということ。

検索ボリュームが多いということは、それだけ興味関心のあるユーザーが多いと予想できます。

 

そして次に大切なのは、コンテンツを作る人が「これなら自分でコンテンツが作れる!」というものを選択。

実は「和菓子 京都」というキーワードも検索数が多かったのですが、関東にあるお店が京都のお店のことを書くのは難しいしですよね。

というわけで、今回は「和菓子 レシピ」、「和菓子 種類」というキーワードを選択し、コンテンツを作成することにしました。

 

そして作ったコンテンツが「1年の行事と和菓子の種類」と「和菓子のレシピ」。

 

「1年の行事と和菓子の種類」では、一年の中で行われる季節の行事と和菓子の関連性、贈答品のマナー、豆知識などをおりまぜてコンテンツを増やし続けています。

 

「和菓子のレシピ」では、家庭でできる和菓子の作り方や、店主の職人技を動画で紹介しています。

 

ちなみにこの時のポイントは、しっかりとSEOを意識して記事のタイトル等にキーワードを入れ込むことです。

 

記事作成を開始してから2カ月ほどはあまり目に見える反応はありませんでしたが、

3か月ほど経つと、お客さんから電話問い合わせが入り、

「上棟式を行うのですが、ホームページを拝見して行事ごとにも詳しそうだったので、そちらで和菓子を購入したい」

という注文が入りました。

しかもそのお客さんは近くにお住まいの方ではありませんでした。

和菓子屋さんであればどこの街にもあると思います。しかしそのお客さんはホームページを見て、そのお店の知識や技術を信頼し、遠方まで足を運んでくれたのです。

 

 

コンテンツマーケティングの成果が表れた良い例ですね。

みなさんもコンテンツマーケティングを始めてみてはいかがですか?


集客できるようになるためのチェックリスト30

お電話でのお問い合せは平日10時~18時

050-3716-2424

メールでのお問合せは24時間365日受付中

お問合わせ・お見積り