2015.6.11

コンテンツに踊らされて、「コンテキスト」を疎かにしていないか?

dance

 

「コンテンツマーケティング」

あなたも聞いたことがあると思います。

 

優良なコンテンツ(情報)を提供することでロングテールのSEO対策を行ったり、見込み客との関係性の構築(ナーチャリング)したり。

プル型の集客ができるようになるといういいことづくめのウェブ戦略で人気になっていますね。

 

そして、昨今ではコンテンツマーケティングに特化したコンサルタントや、記事作成代行サービスが増えてきています。

 

しかし、

「良質なコンテンツを発信すればいいんだ」

という単純な発想で
コンテンツマーケティングに取り組むと成果は上がりにくいでしょうし、コンテンツ制作も続かないでしょう。

 

コンテンツマーケティングを行う際に多くの方は
「自社だから伝えられる情報を発信する」
ということをしてしまいます。

 

まぁそれは間違いではないし、いいことなんですが、大事な視点が抜けているのです。

 

それは「コンテキスト」です。

 

コンテキストとは、背景、文脈、前後関係、状況という意味があります。

コンテキストを理解していないコンテンツは独りよがりの情報発信になってしまい、プル型の集客を成功させることが難しくなります。

 

コンテンツを見てくれるであろうユーザーの
・属性
・悩み
・願望
・心理的状態
などを踏まえたうえで、分かりやすく、オリジナルの情報を発信する必要があるのです。

 

あなたの見込み客のコンテキストは何ですか?

 

 

ストーリーや世界観もコンテキストである

ユーザー側の背景を考慮した情報発信も大事ではあるが、情報提供側のコンテキストも存在する。

それが商品の裏側に隠されたストーリーやコンセプトである。

 

例えば、

サントリーの飲料である「伊右衛門」は、お茶単体(コンテンツ)としては他社のお茶と大きな違いを説明できない。もちろん茶葉や水や製法にだわっていると言われるが、これは当然他社も努力している部分です。

それが、CMで本木・宮沢の伊右衛門夫妻や京都福寿園の伝統を見せること、また竹筒パッケージなどから、「日本のお茶の伝統」という一つのストーリー(コンテキスト)を創り上げることで、他社の競合品と違う価値を消費者に示している。

消費者がお茶を選ぶ基準は、味、価格、量など価値基準はバラバラであるが、伊右衛門は「日本のお茶の伝統」というストーリー(世界観)を示すことで消費者に新たな選択基準を与え、それが成功につながっている。

 

 

コンテキストを描ける人はごくわずか

コンテンツマーケティングが流行になるとともに、コンテンツ制作代行を行う制作会社やSEO会社が増え、またクラウドソーシングなどで安価にコンテンツ作成もできるようになりました。

それは例えばロングテールSEOを狙うという一点に目標を絞るのであれば、そういった業者に依頼すれば目標はそのうち達成できるでしょう。

 

でも、ここまでこの記事を読んでくれた勘のいいあなたはお気づきだと思うが、コンテンツ制作会社やSEO会社、クラウドソーシングで活動するフリーランスは、どこまでコンテキストを描くことができるでしょうか?

 

おそらく多くのコンテンツ制作代行はコンテキストを描くことはできないでしょう。

 

なぜなら、あなたの見込み客の悩みや心理的な状態、商品の背景にあるストーリーを引き出した上でコンテンツ制作するのはとても高度なスキルが必要だからです。

見込み客の悩みや心理的な状況を知るためにはマーケットリサーチが必要でしょうし、商品に隠された想いを引き出しストーリーに仕上げていく作業は、作業的なコンテンツ制作では行うことができないのです。

 

 

この記事のコンテキスト

この記事を書こうと思ったきっかけは

http://www.irep.co.jp/press/pdf/20150608-3.pdf

この記事を見て、これからもコンテンツマーケティング、コンテンツSEOは加速していくんだろうなと感じつつ、

一方で安易にコンテンツマーケティングに手を出して失敗する人も増えるんだろうなと感じたからです。

 

というわけで最後に売り込みしますけど、コンテンツマーケティングに取り組んでいる。もしくはこれからコンテンツマーケティングにとりくもうとしている方。

コンテンツマーケティングはとっつきやすい反面、成果が感じにくいものです。

コンテキストに基づいたコンテンツ制作、そしてそれを集客や売上アップにつなげたい方は、マーケティング、ライティングスキルも兼ね備えた当事務所にご相談ください。


集客できるようになるためのチェックリスト30

お電話でのお問い合せは平日10時~18時

050-3716-2424

メールでのお問合せは24時間365日受付中

お問合わせ・お見積り